アメリカの進学準備 ~3留学先大学の見つけ方~




前回までは、簡単なアメリカの入学スケジュールについて書きました。


今回は、どのように自分の興味のある留学先の大学を見つけるかについてお伝えします。




米国の大学に進学する方だけでなく、私費での留学や短期留学などを検討している方も、有益な情報です。




1)米国大学ランキング

2)検索サイトを使う

3)斡旋業者をの資料を活用する

4)さらに、詳細に調べよう






1)米国大学ランキング



アメリカにどのような大学があるか調べるにあたり、どのような大学が、評価されているか知ると良いでしょう。



おそらく聞いたことのない大学ばかりですが、良い大学に留学したいならランキングを参考にするのが手っ取り早いです。



大学に関してはランキングが、全てではありません。



しかし、ランキングが高い方が、教育レベルが高く、優秀な学生が集まると同時に、就活で有利になります。





US news 米国大学ランキングサイト

US news 米国大学ランキングサイト(別ページ)

こちらでは、授業料・リベラルアーツ・合格率・専攻分野など、様ざまな条件で検索できます。

大学をクリックするとSATのスコア、学費、大学の特徴といった、詳細も出てきます。


矢印の部分でソートができます。
他のページにもそれぞれランキングが載っています。





Ranking web 大学世界ランキング

米国だけでなく、アジア圏やヨーロッパ圏の大学も調べることができます。





World university ranking

右側の記事をクリックすると、専攻別での大学ランキングを見ることができます。


写真は経済・ビジネス専攻ですが、下にスクロールすると、他の学部別もあります。


世界ランキングも載っています。



この他にも多くのサイトがあります。



ランキングはニュース記事でも取り上げられることがあるので、随時、グーグルで直接、
“University ranking United States” と検索すると良いでしょう。


マイナーな学部や専攻などの場合も、直接ネットで、検索した方が早いかもしれません。




2) 大学検索サイトを活用する




こちらもいくつかあるので紹介します。

特徴としては、ほぼ全米の大学を検索することができます。

ランキング等は基本的に出てきません。








International student


こちらでは、米国のすべての大学を、専攻別に調べることができます。

米国だけでなく、英語圏のイギリス・カナダ・オーストラリア・オンラインの大学も調べられます。

右側で専攻・地域・学部レベルなどの、条件指定しましょう。

上のバーのStudy centersでは、対象の国を指定できます。


下にスクロールすると、地域別のマップが出てくるので、こちらからも検索可能です。



他のページには、米国の大学で実際に使われている、教科書を調べることができ、アマゾンで注文することで、日本でも予習や勉強ができます。

私が使っていた教科書もありました。(笑)

いろいろと便利なサイトです。





Study in the USA


こちらも似たようなサイトです。

コミュニティカレッジ(短大)も検索できます。

学部レベル・専攻・地域など、左側のフィルターで検索条件を選択できます。


大学を選択すると、TOEFL IBTの合格ラインや授業料を見ることができます。

ユーチューブの動画もあるので、大学の雰囲気を知るにはピッタリです。


College board


こちらは、かなり詳細な条件まで、検索できるのでお勧めです。

多分一番便利です。


授業料の範囲を設定したり、私立であるかどうか、大学の人数まで指定できます。


宗派はキリスト系か?大学で受けれるサービスはどのような物があるかどうかまで指定できます!



左側のバーをそれぞれ設定することで、貴方の希望とあった大学が検索されます。


変に条件を入れすぎると、結果が出てこなかったりするので、そこそこにしましょう。


大学数が多ければ、条件を追加するようにしましょう。







似たようなサイトはいくつかあるので、情報が多く、使いやすいサイトを活用しましょう。


3)斡旋業者をの資料を活用する


斡旋業者・仲介業者はその圧倒的な資料数と海外に人を送り出してきた実績があります。




一部の斡旋業者に、どのような大学があるか資料を請求できたり、留学相談に乗ってくれたりします。


提携している学校であれば、比較的容易に入学できたりします。


しかし、 悪徳のところもあるらしいです。

ただ、自分に合った使い方をするのは十分ありだと思います。




ネットで検索するといくつか出てくるので、実際に問い合わせてみると良いでしょう。



(このサイトでは、紹介しません。)


4)さらに、詳細に調べよう



ここまで、来て、いろんな大学の情報が集まったと思います。


また、自分の行きたい大学の、専攻や授業料、キャンパス、地域などを知れたと思います。



今度は、更に細かい情報を得るために、興味を持った大学のホームページを個別に、調べてみましょう。



グーグルで、その大学の名前を英語で入力すれば大丈夫です。


入学案内のホームページがあるので、そこで、どのような入学の条件があるか?必要な提出物は何か?などを調べましょう。


大抵は、admission(入学)もしくは、 international (留学生用)のページに書いてあります。



その他、分からないことがあれば、直接大学にメールで聞くのが一番です。


(海外なので、返事に時間が掛かることがあります。わからないことは、纏めてリストにして、聞きましょう。)




どのページがそうなのかわからない人は、ページの検索機能を使いましょう。

画像のとおり、検索欄に自分の調べたいことを入れると、そのページに直接いけます。




以上、わからないことがあれば、ツイッターまでどうぞ!