アメリカの進学準備 ~留学先で寮に入るべきか?~

アメリカでの寮生活について!




こんにちは!


今回は、アメリカの寮について解説します。



皆さんは、留学するときに、寮に入るべきか悩んだことがありますよね?



寮生活には、デメリットもありますが、メリットも勿論あるので、米国留学の寮生活経験者の私が丁寧に説明したいと思います。


寮のことは、他の記事にも詳しく書いてあるので是非読んでください。

別記事)アメリカ時代の寮でのセクハラ事件

1)海外の大学寮について

2)寮のメリット

3)寮のデメリット

4) で、寮に入った方がいいの?










1)海外の大学寮について


私は、ほぼすべてのセメスターをアメリカの寮で過ごしました。

(途中アパートにも住みましたが。)


勿論大学によって、寮の設備や性質、費用は異なりますので、一般的なお話をします。





・同じキャンパス内に、複数の寮、建物がある



だと、大学に2つか3つの寮しか存在しません。なぜなら日本では、基本的にはアパートやマンションで生活する学生の方が多いからです。


しかし、アメリカでは、アパートに住むよりも、寮に住む事はポピュラーです。



大きい大学では、7~8つもの中規模の寮があったりします。

寮によっては、ボロかったり、部屋が狭かったりします。
ボロイ寮は人気がないです。(笑)


寮によって値段が変わる場合もあるので、要確認です。



・基本的に、2~5名(複数人)での生活


1部屋に、2人分のベッド、机、棚が置かれています。


米国の大学では、生徒同士の交流を持ってもらったり、集団生活に慣れてもらうために、
敢えて2人部屋になっていることが殆どです。


1人部屋は基本的にないです。


2人で暮らすことで、お互いに話す機会が増える一方、1人で部屋に引きこもるということがなくなります。



人数余りなら、1人部屋の可能性もありますが、期待しない方が良いでしょう。








・最初のセメスターや1年生は必ず、大学の寮に入らないといけないというルールがある。

大学によるのですが、まだキャンパスに慣れてない学生は寮に強制的に入らないといけない規則があります。

一方で、編入などの1年生ではない学生は、最初のセメスターでも、アパートに住むことが許されています。






・寮には、無料で使えるいろんな設備がある。

寮にはいろいろな設備がついています。

自分で料理ができるキッチンや共同の冷蔵庫。

飲み物、お菓子、冷凍食品が買える自販機。

勉強のための自習室。

洗濯機や乾燥機がおいてあるランドリー。

ビリヤードが置いてあって遊べる部屋。

パソコンが使える部屋。

シアタールーム。

等々。
一応は、寮から何日も出なくて済みます。

全て寮内にあるので、寒い日などは便利ですね。





・学期ごとに、寮の移動ができる。


寮の引越しは1セメスター(前期もしくは、後期)終わるごとに移動ができます。


今のルームメイトではなく、次のセメスターから、仲良くなった人で住むようにもできます。


ただ、引越しは業者ではなく、自分自身でやらないといけないので、移動がめんどくさい人はそのまま住み続ける人もいます。

(手続きも少し、面倒ですからね。)






2)寮のメリット



・友達ができやすい


複数人で住むので、部屋の相方と仲良くなれます!



・アパートを探さなくてよい。一緒に住む人を探さなくてよい。

一緒に住む人が決まってないなら、勝手に割り振ってくれます。




・クラスルームに近い。


これが一番大きいメリットですね。



アメリカのキャンパスはそこそこ大きいので、クラスルームにたどり着までに、ひたすら歩いたり、バスを乗ったり、坂を上ったり、しないといけません。

自分は授業開始ギリギリまで、寝たい人でした。

寮からだと、キャンパス外のアパートよりも歩く距離が短いので、時間のない学生やお寝坊さんにはお勧めです!





・寮生限定のイベントがある。


各寮では、定期的にパーティーを開いてくれたりするので、寮生は気軽に参加できます。




・寮の監督官に成れる。


留学生でも成れます!いい経験になるはずです。

RAと呼ばれるものです。(Residence Assistant)

雑務はありますが、特典として、無料で寮に住めたりします。









3)寮のデメリット




・ルームメイトがガチャ



ルームメイトを決めてないと勝手に割り振られるので、ハズレの人物に当たると、学業までに影響がでます。(笑)





・アパートの方が安い


よっぽどの大都市を除いて、田舎に大学があるなら、賃料はアパートの方が安いです。

寮に住むと、あまり料理ができませんので、必然的にミールプランに入らないといけません。なので、割高になります。




・プライベートがない。


おそらくこれら2つが寮に住まない人の、大きな理由です。

共同生活なので仕方ないですね。

恋人ができたら、一緒に入れる場所がないので、ストレスになるでしょう。



・騒げない。


他の人も住んでいるので、騒ぎすぎると警告を受けることも。

パーティー好きなひとは、アパートの方が向いています。


アパートなら、パーティー開き放題ですからね!


4) で、寮に入った方がいいの?



結論としては、




寮に入った方が良いです。


圧倒的にメリットの方が多いと考えています。




アパートに日本人同士で住むのは楽でしょうが、せっかくアメリカに来たので、海外の人と関わることをお勧めします。




共同生活なので、いろんなトラブルはあるでしょうが、それを経験することで、見えてくるものが多くあるでしょう。



慣れてきて、寮生活に飽きたなら、アパートに引っ越しても良いでしょう。