スカウトサイトのオファーの正しい見分け方






皆さんは、転職活動や就活の時にスカウトサイトを利用されますよね。


ビズリーチなんかはその代表例です。


その時に、スカウトメールというものが来ます。

しかしこのスカウトメールは、必ずしも面接確定への切符ではありませんし、


時には、スカウトでもないのに、スカウトと謳ったメールが来ます。


その様なメールを見るのは時間がもったいないので、今回はどのようにスカウトを見破るかの方法をご紹介します。



実際に他のサイトでは、エージェントから来たものを企業のスカウトメールと勘違いして紹介しているサイトもありましたので、ご注意ください。









1)スカウトの種類


スカウトメールには2種類あります。


1つ目が、企業から直接くる本当のスカウトメール。


2つ目が、企業からではなく、転職エージェントから来るスカウトメールです。




1つ目のメールなら素直に喜んで良いでしょう。事前に業務に関する面談や、人事の対応が非常に良いです。

2つ目のエージェントのメールは、実は大量に来ます。しかも有名企業を騙って笑。なので多くの人は、「有名企業からスカウトが来た!」と勘違いしてしまうのです。






ではどうやって見分ければいいのでしょうか?


例を出して紹介します。


2)実例




これが、企業から直接来るスカウトメールです。



見分け方としては、企業の人事・代表の名前の方から直接送られてきます。



こちらの例では、車会社とコンサルです。(私の仕事とは直接的に関係ありません。)







一方こちらが、転職エージェントからくるメールです。



転職エージェント個人名から送られてきます。



スカウト、オファーという表現を使って、自身の持っている求人案件を紹介してきます。


見分け方としては、差出人が会社名ではなく、エージェント会社・転職エージェントな部分です。



また小さい字で、面接を確実に受けられるわけではありませんと、下に小さい字で書いてあります。







3)なぜ、見分けにくいようにするのか?





ビズリーチやスカウトサイトに登録すると、転職エージェントから大量のメールや面談お誘いが送られてきます。

転職エージェントはそんな中でも、転職者を獲得する必要があります。
なので、周りのエージェントと区別化する必要があるのです。


なので、求職者を、有名な企業からのスカウトと勘違いさせるために、会社名を借りて、スカウト・オファーと言った表現にするのです。