ボストンキャリアフォーラムの準備






今回は以前から要望の多かったボストンキャリアフォーラムの準備について書きます。



ボストンキャリアフォーラムとはなんぞや?と知らない方もいると思います。



名前が長いので、学生からは、”ボスキャリ”、”ボストン”、”キャリアフォーラム”とよく言われています。




簡単に説明すると、留学経験のある学生向けに、アメリカのボストンで行われる就活フェア・選考会のことです。



日本、外資の有名企業が200社以上集まります。

参加者は1万人程度も来場します。




海外の留学している方は、日本に帰る機会がなかったり、大学が忙しく、就活の時間の時間が作れないことがあるでしょう。



そのために、企業側が一箇所に集まって、日本では採用できない、バイリンガルの採用を行います。



留学経験があれば日本の学生であっても参加できますし、内定ももらえます。



(むしろ日本の学生の方が多いです。)




下記別記事にて、他のことも解説しています。


・ボストンの当日の行動予定


・アメリカ進学への準備







1)ボストンキャリアフォーラムの概要







日時:10月の後半~11月の3日間



毎年日時は変更されますが、3日間というのは変わりません。また、週末の金曜日、土曜日、日曜日というのは固定です。

最初の金曜日と土曜日が本番です。日曜日の昼には会場が閉められます。

なので、日曜日は面接をせずに、ブースを片付け始める企業も多いです。





場所:ボストンのどこか


実は年度によって開催場所が異なります。私は2年連続で参加しましたが、場所は前年と異なっていました。

宿はボストン内であれば、地下鉄、タクシーを使えば、問題なく着くでしょう。











参加条件:1年以上留学経験がある学生・転職者
日本語と英語を話せる、大卒以上




在学生だけでなく、第二新卒、既卒、転職者でも問題はありません。


また、日本語+英語を話せるのが参加条件と書いてありますが、英語が話せなくても、日本語+他の主要言語なら問題は無いはずです。

(受けられる企業は減るかもしれませんが、企業が良い人材と判断すれば、内定は出る可能性がある。)


例えば、英語が話せなくても、中国語の需要はあるため、日本語+中国語・スペイン語でも内定はでる可能性があります。


逆に、英語が話せず、日本語+マイナーな言語の組み合わせを持つ方は、お金だけがかかり、内定がでない可能性が高いので、ボストンでの就活はオススメできません。(需要の問題。)



英語ができなくても参加できますが、多くの企業は、英語面接やTOEFL IBTなどの点数を見てくるので、確実に落とされます。
ご注意を。








2)事前準備をしよう。



以下のスケジュールを参考にしてください。

私が作成した大まかなスケジュールですので、だいたいこのような日程になることを理解してください。







A)面接練習、筆記対策、自己分析などの一般的な就活の対策

必須です。 他の記事で書かせていただきます。 夏休みまでに一通り終わらせていると楽です。
*ここでは、GD対策、ケース対策、面接練習、SPI、WEBテストの対策については非常に長くなるので書きません。




B)ホテルの予約


下に詳しく書きます。大体9月までには予約すると良いでしょう。




C)旅行券の予約

これも路線によりますが、予約しないと埋まってしまいます。

予約できない結果、変な時間の飛行機しかないということになり不便です。




D)CFN(キャリアフォーラム)の登録


登録自体はいつでもできますが、ESの提出やプロフィール、履歴書の記入をしないといけません。かなり時間がかかります。

登録は時間のある7月の夏休み中までに終わらせておきましょう。





E)ESの提出


CFNに登録した後に、応募する企業にESを提出しないといけません。


このESの提出は早いところであれば2ヶ月前から提出できます。




ESの作成は、すごく時間がかかるので、企業募集要項ページが更新されてないか、2ヶ月前になったら、毎週チェックすることをオススメします。


ESはできるだけ早めに出したほうが、直前にだすよりしっかりと人事が見てくれます。

人事も面接の日程を早くから決める必要があるので、応募人数が多い場合、遅めに出したESは人事がしっかりと見ない企業があります。












F) VISA、ESTAの申請

米国は外国人移民に対して、入国審査が厳しい国の一つです。


すでにアメリカ留学している方は、F-1ビザがあるので、問題ありませんが、国内学生や、他の国に留学している方は、かなり前から事前準備は必須です。



ESTAは3日前で問題ないですが、申請が通らない場合や、遅延の可能性があるので、時間に余裕をみましょう。





G) 旅行準備


以下、学生が持っていくべきもの、オススメなモノです。


歯ブラシ(アメリカのホテルに備え付けで無い場合が殆どです。)
地元で最悪買えますが。


携帯。内定通知はここにかかってくるので、必ずアメリカで使える携帯を!絶対必須です。
(短期間滞在社のオススメの携帯は他の記事で書きます。)


・Hostelに泊まる方は、シャンプー、石鹸、タオルも忘れずに。


・プリントアウトした履歴書+証明写真。ノリ、ハサミ、クリップ、クリアファイルなどの文房具。履歴書を追加で提出する場合あり。


・軽食(チョコバーなど)。忙しくて食事が取れない可能性あり。


・ガム(口臭対策)


・入場券の印刷(当日印刷機が混むので、必ず事前印刷しましょう。アプリも使用可能。)



・折りたたみ傘 (冬のボストンは曇りがちで、雨が降りやすい気がします。笑)














3)宿泊先の予約


できるだけ、会場に近い場所がよいですが、値段を考慮するなら。タクシーで行ける距離で問題ありません。HotelかHostel(Dormitory)を予約しましょう。


ボスキャリの1ヶ月前までには良い宿は全て埋まってしまいます。
なので、ボスキャリに行くことが確定したなら、9月までには、予約しましょう。




・Hotel

お金がある場合。
セキュリティーを気にした方が良い女性。
(海外は性犯罪が日本より多いので要注意!)友達など複数人で訪れる方。(金品を取る人もいるので、ネットで知り合った人じゃなくて、身近な人にしましょう。)



・値段

3人で3泊 4万、5万、6万~
2人で3泊 3万、4万、5万~

予約する時期、ホテルのグレードに
もよりますが、目安として参考にしてください。






・Hostel


聞き覚えがない人もいるでしょうが、複数人で同じ部屋で寝る宿のことです。
一人で行く方やお金が無い方におすすめです。
普通に男女おなじ部屋だった時もあるので、荷物の管理や性犯罪には要注意!(男性ばっかりの部屋に女性が一人の時もありました。)


ホテルと違ってホテル用品(石鹸・タオルなど)はありません。(アメリカのホテルもホテル用品がない所が多いです。)








・値段


一人一泊 1万円~


私は毎回友人とここに泊まっていました。

日本人で溢れかえるのでおすすめです。笑






なにかわからないことがあれば気軽に質問してください。ツイッターにて回答します。