外資系リーマンの勤務時間を公開!

外資系リーマンの勤務時間



こんにちは!ななくまです。


今回は外資系勤務の私の一日のスケジュールを公開したいと思います。



これ自体、結構DMとかで質問くるので、今回ブログでお伝えすることを決めました。


勿論、外資系と言っても、職種・会社・業界・上司・管理のされかたによって変わるので、就活生や転職希望の方の一つの参考例になればと思います。


季節や日によって、勤務時間が大きく変わります。



バックオフィス(総務・人事・事務系)の場合はフレックスの場合が多いので、そんなに一日の勤務時間は変わりません。(8時間程度でしょうか?)





私の職種は、実績さえ出せてれば、文句は言われません。




お客様との面談や、社内会議、出張など、変更できないアポイントメントを除いて、好きな時間に働くことができ、好きな時に休むことができます。



ここまで聞くと働き易そうです。



しかし、ある程度結果を出すには、労働時間を確保しないといけないのも現実です。


結果を出せてないと、かなり大きいプレッシャーをかけられるのと、社内での立場がありませんし、解雇の対象にもなりえます。
(ここら辺はまた、他の記事でお伝えします。)



勿論、結果を出せずに辞めていく方も一定数います。(現に私の前任者は、3か月で退職しています。)


それでは、本題に入りましょう。



勤務時間 繁忙期の場合



繁忙期と言っても、季節丸ごと忙しかったり、その週だけだったり、その月だけだったりします。本来の繁忙期という言葉と乖離しているかもしれませんが、ご了承ください。ハイ。




という訳で繁忙期の一日を以下に書きました。


ちょっと忙しい時の例 or 通常


このスケジュールは繁忙期と言ってもこのケースが通常です。



自分は朝4:00と早起きです(笑)


遊ぶ時間は殆どありませんが、しっかりと6時間は睡眠時間が取れてるので、身体的な負担は少なめです。(仕事を早く終わらせないといけないので、プレッシャーはありますが、、、)



あくまで一例ですので、移動があったり、会議がなかったり、飲み会があったり等々、日によってかわります。


バックオフィスの人と話していると、これと比べても、バックオフィスの方が、正直ホワイトです(笑)


次はとても忙しい時の例

めちゃくちゃ忙しい時は、必然的に徹夜コースになります。

何故か忙しい時に限って、資料作りが直前に連絡で来たりします。


流石に、連日ですと、眠たくなるので、新幹線や飛行機の移動時間に寝ています。
(仕事が詰まってる時は、乗り物で仕事する。)

やっぱり、こう見てみると移動時間で結構、拘束されていますよね。。。




勤務時間 暇な時期



次は、暇なときの一日のスケジュールです。


暇な日は、出社せずに家で仕事しています。


朝一番で急ぎの要件がないことを確認します。


オフィスが近いんで出社してもいいのですが、全てパソコンと携帯で片付いてしまいます。


基本的に空き時間を自由時間と書いてますが、それだと味気ないので、PCゲームとか書きました(笑)

これだけ見るとホワイトですが、他に忙しい日がありますし、同じ職種なら、結果が求められます。



ただ、前職は違うのですが、現職はフルフレックスなので、融通が利くことが気に入ってます!



以上ありがとうございました!