知名度はあるのに取る価値がない資格ランキング!



今回は知名度や、宣伝の割に転職や面接で全く評価されない資格のランキングを発表します。資格マニアの方は気分を悪くされるかもしれないので、見ないようにしてください。

また、あまりにもマイナーすぎる、○○検定等の習字検定等は省きます。



間違えて多くの人が有益だと感じてしまうものをピックアップしました。






5位 MOS試験 (Microsoft office)


合格率:8割
受験料:1万円
資格内容:エクセルやパワポのOfficeのソフトを使いこなせるかどうか。


聞いたことがない人が多いでしょうが、学生や資格業界の中では割りかし有名です。学生や主婦が、就活や面接で履歴書の欄を埋めるためだけに、焦って就活の3ヶ月前くらいに取り始めます。


有名な資格ですが、はっきり言って就活で、これはなんの役にも立ちません。
これを取るくらいなら、企業研究をしたり、OB訪問をするほうが良いでしょう。


公務員試験の面接の為に、この資格を取ろうとした友人を止めたことがあります。笑







4位 ファイナンシャルプランナー

合格率:2級までは簡単。1級は難しい。
受験料:1万円程度
資格内容 :国家資格。 株式投資、国債、預金、資産形成をアドバイスするための資格。


金融業界を目指しているあなた。この資格があれば面接が有利になると思うでしょうが、これの資格は全く役に立ちません。

他の業界はもちろん、金融でもです。

よく資格会社が、この資格を取ることで老後の生活が~とか金融での就職が~とか言っていますが、この資格を有していても専門的なことは何もできません。

1級は難しいですが、その時間があるなら、他のことに時間を割きましょう。







3位 漢検

合格率:とてもむずかしい。
受験料:5000円以下
資格内容 :難しい漢字が書ける。読める。 クイズ王になれる。

漢検には1級~10級までありますが別に1級とっても意味がありません。そもそも1級、2級はただの漢字クイズと化しています。

漢字の一般常識を付けたいなら、試験を受けずに独学で勉強すればいいですし、わざわざ資格として証明する必要がありません。

一時期、漢字検定協会が就活用に漢検を勧めるCMを出していましたが、就活に関してなんの役にも立ちません。

私も一時期、就活の為に取ろうと洗脳されかけた経験がありました笑

もちろん小学生・中学生や子供が勉強のきっかけとして資格を受けるのはアリだと思います。





2位 日照簿記

合格率:2,3級は簡単。1級は難しい。
受験料:1万円程度
資格内容 : 複式簿記を読めるようになる。


簿記がランクインして驚くでしょう。私も悩みましたが、あえて挙げさせていただきました。実際に私も2級まで取りました。



理由は、役に立つ人には役に立つが、殆どの人には役に立たないのです。よく血迷った学生が、大原の宣伝に騙され、就活に有利になると聞かされます。そして受験するのです。これは良く地方の学生にあります。



それはそうです、どの資格もないよりはあったほうがいいのは当然です。

会計士等の専門職を目指している就活生には必要です。しかしそれはほんの一部の学生です。

しかし、大学生の多くが総合職、事務職、営業職をするので実務で殆ど使う機会はないですし、面接でも2級を持っていても評価されません。


会計の部門に採用されるのは殆どの企業で、中途の専門職です。


面接官が話す内容がない学生なら、軽く触れてくれるくらいでしょう。

あなたが、どのような職業に就くか、就きたいか考えてから、この資格の取得を検討すべきです。



金融業界、コンサル等の業界を目指す方や、有価証券報告書を読みたい方、一般常識として商業簿記の知識を付けたい方は、とっても良いかもしれません。

ただ、漠然と就活を有利にしたいと考えているなら、この資格は大部分の学生におすすめできません。








1位 宅建 宅地建物取引主任者

合格率:難しい。
受験料:7000円程度
資格内容 : 建築、不動産知識の習得。

秘書検定と悩みましたが、こちらにしました。役に立たないというわけではありませんが、大学時代にとるなら、正直微妙ですね。

不動産業界で就活する時に、この資格を持っていると有利にはなるでしょうが、それよりも重視されるものがあります。

不動産業界はご存知の通り、結構ブラックです。長時間労働やパワハラに耐えないといけません。

不動産営業の面接で欲しい人材は、体育会系で体力に自信のある人物です。自頭ではありません。

Developerなら学歴と学生時代のリーダー経験のほうが欲しいのです。

なので資格より部活や体育会系の経験の方が圧倒的に評価されます。

なのでこの資格の取得に時間を掛けることはそこまでおすすめしません。また割りかし難しいので、部活やサークル等、他の事に学生は時間を使うべきです。


採用後は不動産営業で、重要項目説明で必要となる資格です。資格を取得すれば、お金がでる企業が多いです。

転職者には有利に働くでしょう。