笑顔は歯から。歯を綺麗に保つためにメンテナンスしよう。







突然ですが、外国人って日本人よりも歯に対する意識が高いような気がします。


一方日本人は、化粧・メイク・ファッションに気を使えど、歯のケアをする人は少ない気がします。




顔が整っていても、歯がボロボロであれば、笑顔の効果が半減します。面接・商談でも結果を左右します。


こういったデンタルケアは、昔からの積み重ねです。貧困家庭で育った人は歯がボロボロの傾向がある気がします。



歯は一生モノです。永久歯は二度と生えてきません。



そこで、今回は私がアメリカに住んでいた時に使っていたおすすめのデンタルケア用品を紹介しようと思います。(アフェリエイトではありません笑)


もちろん日本でも代替品も買うことが出来ます。









1)虫歯予防にリステリンはしよう。


リステリンをすることで、歯周病予防、虫歯予防、口臭防止に繋がります。

留学時代、甘党でお菓子を良く食べていたのでリステリンは必ずしてました。



青、緑、オレンジ、紫など、店頭に行けばカラフルなリステリンがおいてます。

色々な種類があるので、どれを選べば良いかわからない人が多いでしょう。



一番効果が高いと言われている。トータルケア(紫色)もしくはオレンジをおすすめします。


刺激が強すぎる方は、低刺激用もあるのでそっちを買ってみても良いでしょう。


紫は歯を磨く前につかいます。
それ以外の色 (洗口液) は歯を磨いた後に使います。


ただ、リステリンは結構高いです。

大きいので600円くらいします。


なので、コンビニでは買わずに、ドラッグストアで特売になってる時に2~3本買いましょう。










2)電動歯ブラシ


これはおすすめ度が、人によって変わります。




歯ブラシなので、毛先が消耗すると、毛先を交換しないといけないこと。電池がなくなれば交換しないといけないので、私は面倒くさくなり、1万円のものを買いましたが使っていません。


値段と維持費もあるので、財布と相談して決めましょう。


ちゃんと磨ける人は普通の歯ブラシでいいような気がします。








3)マウスウオッシャー



これはおすすめです。

歯の間に挟まったゴミを取り除く事ができ、歯もすべすべになります。



かなりの爽快感を味わうことが出来ます。



電池タイプと充電タイプがありますが、洗面所にコンセントがあり、ものをおけるスペースがある人は充電タイプをおすすめします。



洗面所が小さい方は電池タイプの方がおすすめです。



パナソニックの一つ旧式のジェットウォッシャー(ドルツ 白 EW-DJ61-W)が使いやすく、威力が高く、おすすめです。





ジェットウォッシャーは1万円~2万円で家電量販店で買うことが出来ます。

水の威力と性能は製品によって変わってくるので、アマゾンのレビューを見るなど、評判を事前にチェックしときましょう。








4)フロス



フロスは何を買っても変わらないと思いがちですが、糸の切れやすさや香りつきなど結構変わってきます。



アメリカで使っていたのは、これです。

少し高めですが、めちゃくちゃおすすめです。


ミントの香りがして、糸の張りが強いものです。



アメリカに旅行に行った時は是非探してみてください。WalmartかTargetには売ってると思います。(売ってない店舗もあります。)



近年日本でも香り付きのものが売られるようになりましたので、他のものに代替してもいいかもしれません。





以上