経営者・広報の方へ 課金ペッパーくんを購入しないほうが良い理由

経営者や大企業で広報、受付を担当している方、料理店を経営しており、受付の案内係としてペッパーくんを購入しようとしている方がいると思います。


今回はペッパーくんを購入しないほうが良い理由をメリット・デメリットを踏まえて、お伝えします。




1)値段

まずペッパーくんは ソフトバンク(ソフトバンクロボティクス株式会社 )が販売しているものと、リース会社からの貸出で利用することができます。今回は購入という前提で話を進めます。




ソフトバンクから購入するなら:

本体価格 198,000円(税込み213,840円)+基本プラン14,800円(36ヶ月57万5424円)+保険パック9,800円 (36ヶ月381,024円) 


見かけ上は非常に安く見えますが、トータルの金額を計算すると、、、、


3年縛り(強制)で117万円となりかなり高額です。



ペッパー君を配置することで、受付の人権費を削減できるのでしょうか?受付の雇用費用が117万円以下なら導入する価値があります。しかし、受付は人間ですので、ペッパー君ができない多くの仕事をできます。なので単純に比較はできません。


私の周りの中小企業の受付として配置した経営者の方の話を伺いましたが、受付の人権費の削減にはつながっておらず、お客さんの来客時、結局受付の方が対応しなければなりません。





2)実際に使用している企業の評価

下の図は過去に、ペッパー君を使用した企業です。契約を更新するかという質問に対して、15%しか契約更新を考えていません。つまり殆どの企業では対して役に立たなかったということが殆どなのです。

*参照:日経 xTECH 





3)使い勝手と課金要素

始業、終業時に毎日出したり、しまったり移動させる手間があること、ペッパー君は決まったことしかできず、移動できないので、案内は受付の人間がこなさないといけません。

また、重要な顧客が来社したときは、人が対応しないと失礼です。

結局、人型ですが、タブレットをもっているだけなので、タブレットだけや、電光掲示板をおいたほうが費用対効果は高いです。



加えて、案外知られていませんが、ペッパー君は課金要素があります。



というのはアプリに接続して、課金して新しい言葉をアップデートさせないと、対して会話にもなりません。初期段階では、簡単な会話しかできず、わかりませんを繰り返します。つまり117万円以上に費用がかかってしまうのです。


なので初期段階では、お客さんと会話するという会話効果はかなり低いです。




4)効果

企業たるもの、製品の購入投資には必ず、費用対効果を考えないといけません。ペッパー君を117万で購入してどのような効果があるのでしょうか。



・物珍しい→もう陳腐化しつつある。
・子供が喜んでくれる。→これが一番大きいと思います。
・ソフトバンクとの取引がある→コネづくりになる。
・税金対策→他の物で良いような気がします。

もちろん、経営者の自己満足、ソフトバンクとの取引のためのコネづくり、子供が多い場所では受けが良い?といった効果があるかもしれません。





私は個人的には、これはロボットではなく、ただのタブレットを持った なんの新規性もない 置物だと感じます。



以上、一個人の意見ですので、経営者や広報、受付の方はよく考えてご利用ください。