面接は第一印象だけでは決まらないが、決まってしまう。






この矛盾した記事のタイトル。意味不明だと思う方が多いでしょう。



面接は入室時の第一印象(雰囲気、顔、態度、ビジネスマナー)だけでは決まりません。


そのための時間を取っての、面接での質問ですから。

第一印象だけで良いなら、面接時間は5分で良いはずです。



第一印象が良くなくても、話の内容次第で、面接中に巻き返す方も多いです。






「面接は第一印象だけでは決まらないが、決まってしまう。」


この文章が意味するのは、”第一印象で面接の展開が決まってしまうことにより、結果を覆しにくなる”ということです。







1)第一印象で質問内容が変わる。




面接では、これを聞けと決まってない企業があります。

つまり面接官の裁量によって、面接内容は変わります。


1対1の場合はもちろん、上司がいなく、人事とその人事の後輩の2人だけなら、先輩面接官がある程度自由に質問をすることができます。




別に盗聴されているわけでも無いですし、変な質問をしない限り、学生の良さを引き出そうと思って質問したと答えれば良いからです。




そこで面接官の餌食となるのが、第一印象が良くなかった学生。


・シャツがしわくちゃ、寝癖があるなど、身だしなみが良くない。
・変なカバンを持ってきたり、挨拶が出来ない、馴れ馴れしい等、ビジネスマナーが守れてない。
・敬語、礼儀が正しくない。
・声が出ておらず、ハキハキしてない。明るくない。
・一番最初の自己紹介、定形文ですら詰まってしまう。
・見た目が良くない。
・遅刻、明らかに走ってきた様子。

といった学生です。



こういった学生に対しては、「次の面接に通したらダメだろうな」と思い、第一印象が良い学生と異なる(答えにくい)質問をします。











・学生時代に打ち込んだことで、ESに書いてあること以外を話してください。
→ほとんどの学生は用意してないことを狙った質問。第一印象が良かった学生はESのままの質問。


・(○分で、)(おもしろい)自己紹介してください。
→第一印象の良かった学生ではなかった、条件を付けられる場合がある。


・(学生が覚えてきたものを喋ったあとに、)さっき〇〇が言われたこと以外で、他にありますか?(追撃)


・答えられないことを見越して自社のサービス、製品について聞かれる。
→学生が知りようのない、会社の事業内容についてしつこく聞かれる。


・学生時代に起業したってことは、入社してからも、起業したくなるよねえ。
・学生時代の他の業種のインターンの事書いてるけど、別の業種も受けてるんだよね?
・(経験が無さそうな人にあえて)部活リーダーの経験はある?
・自分の短所は?
・人生の失敗談を教えて。
→答えにくい質問、どう答えても地雷を踏む質問、答えようがない質問をされる。






ここで通るのは、最初は失敗したが、しっかりと回答できた学生や、すごく納得のできる回答が出来た学生は、面接官からの第一印象をひっくり返すことができます。









2)通したい学生とそうでない学生で誘導の仕方が違う。



第一印象が悪い学生は、面接で通したくない学生になります。逆に第一印象が良い学生は面接官が面接を通してあげたいと感じます。


なので、第一印象がよければ、面接官が良い方に誘導してくれます。




通したい学生に対して:基本的にはウチの〇〇業界を中心に受けてるんだよね?
通したくない学生 に対して :他の業界はどこをうけてるの?




通したい学生に対して :部活大変だったでしょう。気持ちわかるよ~。
通したくない学生に対して : 部活で人間関係で大変だったことはある?




通したい学生 に対して :少し難しいからケースの問題、一緒に考えようか!(ヒントをくれる)
通したくない学生 に対して :…… (ノーヒント)




通したい学生 に対して :部活とインターンの両立ってすごいね君!
通したくない学生 に対して : インターンと部活に集中しすぎてあんまり勉強してなかった?




通したい学生 に対して :長所を褒められる
通したくない学生 に対して : 短所を詰められる




通したい学生 に対して :TOEICは問題ないね!
通したくない学生 に対して : TOEICは取れてるけど、Speakingは苦手でしょ?







もちろん質問内容を変えずに、そのまま落とす面接官も多いです。


面接内容の応答にしっかりと説得力を持たせるために、第一印象には当然ながら、気を払ったほうが良いです。

面接をパスする可能性を少しでも上げるために、第一印象で評価を下げる、マイナススタートで始めることは損でしかありません。